ようこそ! 「沖縄移住情報」へ

沖縄移住のための沖縄情報

沖縄発 幸せを運ぶアクセサリー アイランドスピリッツ


●沖縄移住のスタイル

沖縄移住のスタイルは人それぞれで、高校や大学を卒業して沖縄で就職をする人、転勤で沖縄に来る人、何年か働いた会社を辞めて沖縄で新たな職探しをする人、伝統工芸の習得のために来る人、老後を暖かい沖縄で暮らしたい人、何も目的をもたないでくるフリーターなどなど。

沖縄移住後は、地域に住む人と仲良くやって初めて充実した楽しい生活があります。

その為には、自分達だけの生活のことだけではなく、地域のこともしっかり調べ・理解して、地域の人と一緒に生活をしていくということが前提です。

沖縄は狭いです。つまり、人と人との関係が大事になってきます。自分だけがよければ、という考えをもっていたらうまくはいかないでしょう。

沖縄移住を考えている人にとって、沖縄の情報が一番必要ですが、沖縄の生の情報を得るのはなかなか困難です。

以下に、沖縄移住に役立つと思われる情報をいくつかピックアップしました。

●沖縄の雇用の現状

沖縄移住をしようと思った時、一番の障害・不安になるのは仕事についてだと思います。

沖縄県は失業率が全国で一番高く、平均所得も全国で最低です。

沖縄県内の求人数が少ないというのは大きな問題の一つです。

求人情報の収集方法としては、ハローワーク、求人誌、インターネットなどです。

求人情報誌などを見ると、週休1日の正社員で月給10万〜、アルバイトなら時給610円〜という求人も珍しくありません。

沖縄移住するためには、経済的にある程度の覚悟が必要です。

沖縄県では求人自体が少ないのが問題ですが、求人情報が得にくいという問題もあります。

いくつか求人誌は発行されていますが、そこに記載されている求人情報も豊富とは言えず、その求人情報の中でも半数以上が沖縄県外での雇用というのが現状です。

沖縄移住してすぐに正社員として雇用される、というのは当然ながら厳しいです。

●沖縄県の不動産・賃貸物件の現状

沖縄の平均所得は少ないですが、沖縄ではその分不動産・賃貸物件が内地と比べるとはるかに安いです。

那覇市内は例外で、不動産・賃貸物件共に値段が内地と変わらない、もしくは内地より高いということもありますが、沖縄本島北部へ行けば坪数万〜、那覇近郊でも坪10万円台からの不動産物件が多数あります。

また、賃貸物件では一人暮らしのワンルームなら2万以下でもあります。

●金融機関の現状

沖縄移住するにあたって必要になると思われるのが沖縄県内の金融機関の口座です。

沖縄県内にある都市銀行は、みずほ銀行一つだけです。

また、コンビニなどにアイワイバンク等があるということもありません。

コンビニのATMで利用できる内地の地銀もありますが、すべてが利用できる訳ではありません。

家賃等の引き落とし、スポーツクラブ等の各種会費の引き落としの際、県内の金融機関でないと取り扱ってくれないことが多くあります。

沖縄県内には「琉球銀行」「沖縄銀行」「海邦銀行」があります。

琉球銀行と沖縄銀行のどちらかの口座を持っている人が大多数だと思います。

ATMも不自由しないくらいの数はあるので、これらの銀行の口座を作れば良いと思います。

また、これらの銀行の口座を開設する場合は、沖縄県内の住民票が必要になりますので注意が必要です。

信用金庫ではコザ信用金庫があります。

上記の銀行・信用金庫の口座を持たない人は、郵便局の口座を使っているようです。

沖縄移住者の人では、郵便局を使っている人が一番多いかも知れません。

郵便局なら全国どこでも共通ですし、ATMの数も比較的多いので沖縄県では郵便局が一番便利かもしれません。

●沖縄の子供の教育事情

沖縄移住する時に、不安になる点の一つに子供の教育環境が挙げられると思います。

現実として、高校への進学率、大学への進学率は全国最下位です。

教育熱心な家庭では、中学受験から県外の学校を受けるケースも多いようです。

また、教育環境のいいと定評のある地区が県内にいくつかあり、わざわざ子供の為にその地区に引っ越しをするという沖縄移住者家族もいるというのも事実です。

大学進学の際は、沖縄県内には大学の数も少ないこともあり、内地の大学に進学するケースが多いようです。


  • seo